神戸市-KOBE-


建築計画概要書閲覧窓口

最終更新日
2019年8月22日

お知らせ

令和元年8月19日(月)より建築指導部は三宮国際ビル(中央区浜辺通2−1−30)の5階に移転いたしました。

また、手数料は窓口に設置の券売機によりお支払いいただけます。
事前に収入証紙をお買い求めいただく必要はございません。

建築計画概要書閲覧について

建築計画概要書閲覧窓口では、確認処分がなされた建築物等の建築計画概要書、処分の概要(確認・完了検査等)の情報閲覧と証明書交付を行っております。

 
閲覧・証明書交付できる情報・建築計画概要書(建築計画概要書原本証明書)
・建築確認、完了検査の履歴(台帳記載事項証明書)
※昇降機、工作物は台帳記載事項証明書が交付できます。
閲覧・交付申請方法窓口に設置している「建築情報セルフ検索システム」の画面上にて閲覧していただきます。同システムにて、建築計画概要書原本証明書と台帳記載事項証明(確認、検査の履歴)の交付申請もできます。
場所中央区浜辺通2−1−30 三宮国際ビル5階
時間平日 8時45分から11時55分まで 及び 12時55分から17時30分まで
閲覧可能年度確認・検査などの処分の概要:昭和32年以降
建築計画概要書:昭和46年以降
※平成19年度以前の計画通知(建築主が国・県・市、又は住宅供給公社やURなどの公的機関)については、概要書はありません。
閲覧の際に必要な情報必須情報(閲覧の際に必ず必要です):
・建築物の現住所

検索に役立つ情報(必要になる場合があります):
・建築主名(建築確認申請者。現在の所有者とは一致しない場合があります。)
・建築年度
・各種面積、構造、用途、階数
・建築当時の地名地番

※建築物の情報が少ない場合、対象物件が特定できず、閲覧できない場合があります。
注意事項・建築計画概要書原本証明書と台帳記載事項証明ともに、1通につき手数料300円で発行手続きをいたします。
・物件を特定しない大量閲覧はできません。(1日につき最大10件まで)
・個別物件の概要書の有無については、お電話等では一切お答えしておりません。
・<法の趣旨>を逸脱した閲覧はできません。

<法の趣旨>
建築基準法第93条の2及び建築基準法施行規則第11条の4で、建築計画概要書を閲覧に供する書類として定められています。

この規定は、周辺住民の協力のもとに違反建築物を未然に防止するとともに、併せて違反建築物の売買をも防止しようとするものとして、善意の買主を保護するために設けられた制度です。

このため、営業目的や閲覧目的の不明な閲覧はお断りする場合があります。

概要書を閲覧される際の留意事項

建築計画概要書を閲覧される皆様におかれましては、個人情報の取扱いにあたって、安全管理に十分に留意していただき、個人の権利利益を損害することのないようお願いいたします。

神戸市建築情報セルフ検索システムについて

平成26年1月より、ご自身で概要書の検索及び閲覧、諸証明書の交付申請が可能となる「神戸市建築情報セルフ検索システム」を導入いたしました。
ご使用についてご不明な点がございましたら、建築調整課事務係までお問い合わせ下さい。

建築計画概要書等閲覧規則・閲覧要領

公文書公開請求制度の利用による建築計画概要書の閲覧

建築計画概要書は、公文書公開請求によっても閲覧できます。
請求の際には公文書公開請求書に、建築場所・建築年度・建築主名(建築確認申請者)・その他当該建築物の情報(用途・構造・階数・面積など)を、可能な限りご記載ください。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。