神戸市-KOBE-


神戸圏域における医療体制の整備(病床の公募)

最終更新日
2016年8月22日

 平成28年4月1日現在、神戸圏域(神戸市で構成)において、一般病床及び療養病床について、基準病床数が既存病床数を上回っています。
 このため、神戸市医療専門分科会病床整備検討委員会における審議に基づき、以下のとおり病床の公募を行います。(ただし、精神・結核・感染症病床は対象外です。)

1 応募の基準

応募要領の「応募の基準」をご覧ください。

2 病床整備の方針

<神戸市として重点的に配分する病床機能>
兵庫県地域医療構想において不足している病床機能(主に回復期)、救急医療、小児(救急)医療、周産期医療、4疾病対策(がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病)
※神戸圏域の医療状況や地域医療構想を踏まえ、現在不足している病床及び将来的に不足が予想される病床に重点配分する。
<その他の重視する事項>
○在宅療養支援病院・地域包括ケア病棟の整備など、在宅療養支援にかかる医療機関の確保に資するもの
○地域性への配慮(地勢・人口動態・周辺医療機関との連携など)
○高度医療、メディカルクラスターの形成に資するもの

3 手続き

(1)募集期間

平成28年8月22日(月曜)より随時

 事前ヒアリングを行いますので、応募を予定している場合は、あらかじめ平日9時〜12時、13時〜17時の間に電話連絡で日程調整の上、地域医療課までご来庁願います。
 応募者多数の場合、早期に配分上限数に達する可能性がありますので、応募を検討されている方は、平成28年10月31日(月曜)までに地域医療課までご連絡ください。

(2)提出書類

事前ヒアリング後、以下1〜3(2については、(1)〜(3)のいずれか)の書類をそれぞれ3部提出してください。

3 それぞれの計画書に必要な添付書類

※提出書類につきましては、事前ヒアリングの際にお渡しします。

(3)問合せ先

神戸市保健福祉局健康部地域医療課(神戸市役所1号館6階)
電話:078(322)5246(直通)

(4)その他

 病床配分にあたり、申請数より少ない(配分不可も含みます)病床配分となる場合がありますが、あらかじめご了承ください。
 配分された病床に対しては、医療法第7条第5項に定める許可の際に、同法に基づき、特定の医療を提供するよう条件を付することがあります。
 市街化調整区域において既存施設の移転・建替え・増築等を行う場合は、一定の条件を満たす必要がありますのでご留意ください。
 平成15年度以降に医療施設近代化施設整備事業補助金を受けた病院については、応募前に、増床の可否について、兵庫県健康福祉部健康局医務課と協議してください。
 応募要領の「概要(応募の基準、病床整備の方針)」、「手続き」及び「その他留意事項」にご留意ください。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。