神戸市-KOBE-


高濃度PCB廃棄物の処理期限が迫っています

最終更新日
2017年3月31日

これまでの背景

 ポリ塩化ビフェニル(PCB)は,絶縁性,不燃性等の特性により,変圧器,コンデンサーなどに使用されましたが,昭和43年のカネミ油症事件を受け,我が国では昭和47年以降製造が中止されました。
 その後,平成13年にPCB特別措置法が成立し,中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)の処理施設で高濃度PCB廃棄物の処理が行われています。

処分期間内の処理

 高濃度PCB廃棄物(高濃度のPCBに汚染された変圧器,コンデンサー,照明用安定器など)は,JESCO の処理施設ごとにPCB特別措置法により処分期間が決まっており,神戸市内の事業場で保管しているもの(北九州・大阪・豊田事業エリア)については平成33年3月31日までにJESCOに処分委託しなければなりません。期限を過ぎると,措置命令や罰則の対象になります。

 平成29年3月31日(金)で,処分期間の末日まで残り4年を切りました。本市へ保管などの届出をしていない高濃度PCB廃棄物や使用製品が存在しないか,今一度徹底した確認をお願いします。
 届出をしたものについては,早急にJESCOに連絡をし処分委託の手続きを進めて頂きますよう,よろしくお願いします。