神戸市-KOBE-


事業系ごみの出し方ルール

最終更新日
2018年5月22日

事業系ごみの捨て方3ステップ

【ステップ1】 分別区分を確認しましょう

分別区分は以下の3つに分類されます。

分別は、可燃ごみ、資源ごみ、粗大(不燃)ごみの3分別です

分別区分に迷ったら、「事業系ごみ分別検索サイト」で検索しましょう

事業系ごみの分別区分が、キーワード・リスト・業種から検索できます。

「事業系ごみ分別検索サイト」はコチラから

 

↓↓ 調べたい品目を入力してみてください ↓↓

【ステップ2】 指定された袋を買いましょう

事業系ごみは、指定された袋に入れなければいけません。
指定袋は、お近くのスーパー、コンビニ、ホームセンターなどでご購入いただけます。

家庭ごみ用の指定袋は使えません

指定袋の販売価格

指定袋はすべて「統一価格」で販売しています。  くわしくはコチラ

指定袋の販売店

指定袋に入れなくてもよい場合があります

 事業系ごみは指定袋に入れて出すことが原則ですが、以下の場合に限り、指定袋に入れずに出すことができます。

  • 指定袋に入らない粗大ごみの場合
    指定袋に入らない大きさのごみ(机など)については、収集運搬許可業者又は下記窓口までお問い合わせください。
  • 特別な事情による場合※要事前申請
    一定の条件にあてはまる場合に限り、指定袋に入れずに市の廃棄物処理施設に直接持ち込むことができます。  くわしくはコチラ

【ステップ3】 収集運搬業者と契約しましょう

 許可業者に事業系ごみの収集運搬を委託する場合には、袋数に基づいた委託契約を締結する必要があります。
 収集頻度・排出場所、収集・運搬料金を十分に確認の上、排出されるすべての区分についての契約を書面で締結してください。

事業系一般廃棄物の収集運搬許可業者

事業系ごみの収集・運搬を他者に委託する場合は、許可を持った業者に委託しなければいけません。

一般廃棄物収集運搬業者の一覧はコチラ

許可業者の照会・契約、作業等に関する相談、苦情につきましては、「神戸市環境共栄事業協同組合(共栄会)」へお問い合わせください。
※神戸市環境共栄事業協同組合は、許可業者でつくる協同組合です

神戸市環境共栄事業協同組合(共栄会)
電話:078-331-3470
時間:[平日]9時〜16時 [土曜日]9時〜12時

組合では「苦情処理委員会」を設置し、許可業者に関する苦情や相談、他業者の斡旋などを行っています。苦情処理員会の詳細はコチラ

自分で運ぶこともできます

事業系ごみを自分で運搬して、市の廃棄物処理施設に搬入することができます。

指定袋に入れて出すごみ

事業系ごみ指定袋に入れて市の廃棄物処理施設に搬入する場合は、指定袋の購入代金にすでに処分手数料が含まれているため、施設に搬入する際に費用を支払う必要はありません。

指定袋に入れないごみ

指定袋に入れなくてよいごみは重量をはかり、処分手数料をいただきます。
※指定袋に入らない大きな可燃ごみは、「布施畑環境センター」に搬入してください。

処分手数料の詳細はコチラ

搬入先

自己搬入の受付日時、申請に必要な書類や搬入可能な廃棄物が決まっています。必ず事前に各施設にお問い合わせください。

くわしくはコチラ

費用について

事業系ごみを排出する際に必要な費用については、下記ページをご覧ください。

費用についてはコチラ

パンフレット・チラシのご案内

神戸市では、事業系ごみの出し方のルールを詳しく解説した冊子 「事業系ごみの出し方ルールブック」や、分別方法が一目でわかるポスター 「事業系ごみの分け方」 を発行しています。
ホームページとあわせてご覧ください。

※画像を選択すると、PDFページが開きます

外国語版もあります