神戸市-KOBE-


不法投棄対策

最終更新日
2019年6月10日

質問:不法投棄対策

近所でごみの不法投棄が多くて困っています。何かよい対策はないのですか。

ご回答

地域ぐるみの監視を強化するとともに、不法投棄防止看板を設置するなど、市民と市が一体となって、不法投棄の防止に努めることが必要です。

地域ぐるみの監視

不法投棄対策では、投棄されたごみを処理するだけでなく、投棄されるのを未然に防止することが重要です。このためには、地域ぐるみで立看板などを設置したり、地域パトロールをするなどして、自分たちの町をみんなで監視し、お互いに地域を守る取り組みをすることが最も大切です。

不法投棄防止看板

市で不法投棄防止看板を用意していますので、環境局事業所までご連絡ください。

なお、簡易な「不法投棄禁止!」等の看板をアップしていますので、ご自由に印刷し、ご使用ください。

クリーン110番

悪質な投棄者の発見は行政だけでは、なかなかカバーできません。市民の情報提供に負うことが少なくありません。
環境局事業系廃棄物対策部では、クリーン110番(078-595-6199)を設けて、不法投棄・野焼きの通報を受け付けております。(平日のみ)【電話番号のお掛け間違いにご注意ください。】
また、メールでの通報もお受けしております。(メールはこちらから
○上記リンクを選択するとお手持ちの端末のメールソフトが起動します。本文中の項目に必要事項をご記入のうえ送信ください。
○お寄せいただいた情報について、担当職員からお尋ねする場合があります。
○お寄せいただいた情報は、本業務以外の目的では一切使用いたしません。

不法投棄防止カメラ設置経費の助成

不法投棄を防止するためには、地域の皆さんによる積極的な地域活動が欠かせません。当では、クリーンステーション等への不法投棄の防止を目的とし、地域の中で主体的な活動を行っている自治会などの地域団体の皆さんを支援するための制度の一環として、不法投棄防止カメラを新規で購入して経費の助成を用意しています。

処罰

警察等と密接な連携を保ち、悪質な不法投棄者及び野焼き実行者を告発しています。
この場合「廃棄物の処理および清掃に関する法律」などにより処罰されます。

次の行為は不法投棄となります。
不法投棄の通報内容
不法投棄と罰則
廃棄物の不法投棄

5年以下の懲役または1000万円以下(法人等は3億円以下)の罰金またはこれの併科

◆よくある質問と回答

神戸市総合コールセンターの「よくある質問と回答」ページでは、皆様から寄せられる質問と、その回答を掲載しています。ライフステージやカテゴリから項目を探すことができるほか、キーワード検索も可能ですので、どうぞご利用ください。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。