神戸市-KOBE-


農業共済

最終更新日
2018年11月14日

農業共済

農業共済って何?
農業共済制度は、農家が掛金を出し合って共同準備財産をつくる「助け合い」を基本としながら、国も掛金の一部を負担するなど農家が自然災害にあったときに被る経済的損失を最小限にとどめ、経営安定を図るために実施されている国の災害補償制度です。

 

収入保険制度の導入及び農業共済制度の見直しについて

 平成31年から、品目を限定せず、価格低下なども含めた農業経営者ごとの収入減少を総合的に補てんする「収入保険制度」が導入されます。
 平成30年10月から農業経営収入保険制度の加入受付が始まりました(個人の方は12月末まで)。
詳しくは、下記の関連リンクをご覧ください。また農業振興センターまでお問い合わせください。

 同じく平成31年から、農業者へのサービスの向上及び農業者の負担軽減の観点から、農業共済制度の見直しが行われます。

 詳細は、下記をご覧ください。

農業共済(麦)の危険段階別共済掛金率及び農業共済条例施行規則の改正に関する意見募集を行っています(10月3日まで)