神戸市-KOBE-


地域・農家の活動紹介

  • [1月12日]内容を更新しました

北区、西区の農村では、米づくりや野菜づくりなどの農業体験を活用した都市住民との交流活動が活発に行われています。また、農村部は都市部にはない豊かな自然や素晴らしい景観があり、住民が一体となって、こうした環境の保全活動を行っています。このような取り組みを、幾つか紹介いたします。

北区の農村地域における活動

西区の農村地域における活動

里づくり計画一覧

 神戸市では、市内の農業・農村地域を「人と自然との共生ゾーン」 と位置づけ、農業の振興や農村の活性化とあわせ、市民相互のふれあいを進めるため、1996年4月に 「人と自然との共生ゾーンの指定等に関する条例」を制定しました。条例では、地域の里づくり協議会による農業振興や景観保全を盛り込んだ地域独自の『里づくり計画』の策定をすすめています。