神戸市-KOBE-


「神戸市(新長田地区)中心市街地活性化基本計画」について

最終更新日
2013年10月25日

 神戸市では「中心市街地の活性化に関する法律」に基づき、『神戸市(新長田地区)中心市街地活性化基本計画』を策定しました。平成20年5月28日に内閣府に申請し、平成20年7月9日付で認定されました。
 
 新長田地区は西部市街地の中心として重要な都市機能を担っていますが、震災復興を経て、コミュニティ形成や産業・商業活性化の課題を抱えており、地域が一体となって解決に取り組む必要があります。新たな基本計画は、平成18年の同法改正に伴い、地元で設立された「神戸・新長田中心市街地活性化協議会」と議論を重ね、新長田地区を活性化するため策定したものです。
 
 基本計画の内容については、下記に掲載しています。
 
○ 計画期間;平成20年7月から平成25年3月(4年9月)

認定中心市街地活性化基本計画(認定基本計画)のフォローアップについて

認定市町村は、計画期間中に認定基本計画に掲げた取り組みの着実な実施を通じて目標が達成できるよう、認定基本計画で定めた時期に、計画の進捗状況についてフォローアップを実施しています。
 
平成25年10月に平成24年度中に実施しました「最終フォローアップに関する報告」を公開いたしました。
 
◇これまでのフォローアップに関する報告内容◇

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。