神戸市-KOBE-


神戸市中小企業融資制度

神戸市中小企業制度融資とは

最終更新日
2016年9月20日

神戸市中小企業融資制度の一覧

ねらい

兵庫県信用保証協会及び取扱金融機関との連携の下、市内の中小企業の方々の経営を金融面から支援するために資金ニーズに合わせて、様々な種類の中小企業融資制度を実施しています。金融機関と取引が少ない方や、信用力・担保力が弱い方にも利用しやすい制度です。

位置づけ

政府系中小企業金融機関 (日本政策金融公庫、商工組合中央金庫)の融資及び民間金融機関のプロパー融資を補完するものとなっています。

融資の方式 (市からの資金預託による金融機関との協調融資)

神戸市と兵庫県信用保証協会及び各取扱金融機関との相互協力により成り立っています。具体的には、市が金融機関に融資金原資の一部を預託し、金融機関はこれに自前の資金を合わせて融資原資として、市の定める条件で金融機関が当事者(貸付者)として融資申込者に対して直接貸し付けるものです。なお、融資を促進するため、兵庫県信用保証協会が借受中小企業者からの保証委託により債務保証を行い、その信用を補完することとしています。

融資申込みから実行までの流れ

一般的な融資申込みから実行までの流れは次のとおりです。

金融機関受付(保証協会の保証付き)の場合

金融機関受付(保証協会の保証付き)の場合:流れ図

金融機関受付(保証協会の保証無し)の場合

金融機関受付(保証協会の保証無し)の場合:流れ図

神戸商工会議所の受付の場合

神戸商工会議所の受付の場合:流れ図