神戸市-KOBE-


神戸市総合児童センター移転整備工事設計業務

 神戸市総合児童センターは、建築から30年を経る中、建築設備などに経年劣化が生じています。また、現行の児童福祉施設基準を満たしていない面もあることから、児童を迎える施設として環境を改善するため、移転し整備を行いたいと考えています。
 つきましては、本業務の委託先設計事務所の募集及び選定にあたり、下記の通り公募型簡易プロポーザルを実施します。

審査結果

1.特定された委託先候補事務所
 
株式会社 環境デザイン研究所

○評価された点
・施設の全体的な配置計画、こども家庭センターの施設内レイアウト等について、非常に良く考えられており、優れた提案となっていること。
・こどもの多様な体験をうながす空間構造の理論とスキームについて、明確で実現可能な提案となっていること。
・事務所、担当者ともこども施設について豊富な経験があり、様々な提案や柔軟な対応も期待できること。

2.募集・選定結果
 参加表明書提出者:11者
 ヒアリング対象事業者:8者
 (五十音順)
 ・株式会社 環境デザイン研究所
 ・株式会社 坂倉建築研究所 大阪事務所
 ・株式会社 昭和設計 神戸事務所
 ・株式会社 大建設計・株式会社 婦木建築設備事務所 JV
 ・株式会社 東畑建築事務所 大阪事務所・株式会社 エスディーネットワーク JV
 ・株式会社 徳岡設計
 ・株式会社 宮本設計・株式会社アーキノヴァ設計工房 JV
 ・株式会社 山本設計・株式会社 新日本設備計画・繁建築構造設計事務所 JV

業務の概要

業務名称「神戸市総合児童センター移転整備工事設計業務」
(1)施設概要
予定敷地:神戸市兵庫区上庄町1丁目1番(中部処理場跡地)
構造規模:RC 造(一部 S 造)地上3・4階程度
延べ面積:約9,000 m2(予定)
(2)設計内容
基本設計(配置・平面計画・立面計画等)
実施設計(設備設計業務含む)
個別設計(透視図・日影図・その他各種申請等)
積算業務(建築・電気・設備・EV・その他必要な業種に関わる工事費の積算)
※開発行為にかかる上記業務、地中障害及び土壌汚染対策法に対する基礎杭設計業務を含む

委託先候補事務所の特定方法

1.参加表明書の評価
ヒアリング対象事業者は、評価要領に基づき参加表明書の評価を行い、その評価を参考にして、神戸市建築工事設計監理外注委員会(以下、外注委員会)の審議により上位5者程度を選定します。
(※)神戸市が行う建築工事等の設計監理業務等に関する事務の公正、的確な執行を確保するために設置された委員会

2.委託先候補事務所の特定
(1)ヒアリング対象事業者として選定された者に対して、調査表作成及びヒアリングに係る説明会を実施し、調査表の作成等について説明を行います。
(2)説明会後、概ね2週間の期限内にプロポーザル調査表を提出していただきます。
(3)外注委員会評価委員が、調査表の内容に関し、ヒアリングを実施します。
(4)外注委員会において、各委員の評価の合計点により順位付けし、委託先候補事務所を1者特定します。

3.契約金額について
 特定された委託先候補事務所とは、外注委員会規定の委託料の範囲で契約をいたします。

その他

 本公募は、設計案の選定ではなく、設計者の選定を目的に行うものです。委託先候補に決定した場合でも、調査表の提案内容が設計業務において必ずしも採用されるとは限りませんので、予めご了承ください。また、工事施工事業者を選定するものではありません。