神戸市-KOBE-


(仮称)本庁舎エネルギーセンター棟建設他設計業務

  • [6月26日]説明会での補足事項および質疑回答について掲載いたしました
  • [6月28日]全ての質疑に対する回答を追加しました
  • [7月2日]本プロポーザルの応募受付を締め切りました
  • [8月26日]審査結果を公表しました

 本庁舎1号館と同時期に建設されているエネルギーセンター(電気機械室棟)は、機器の更新、メンテナンス等を行っているものの築30年が経過し、大規模更新の時期が来ています。
 また、本庁舎2号館についても、老朽化や阪神・淡路大震災の被害を受けていることもあり、建て替えを検討していく時期にきていることから、2号館の再整備に合わせて、エネルギーセンターの再整備を行います。
 本業務の委託先設計事務所の募集及び選定にあたっては、下記の通り公募型簡易プロポーザルを実施しました。

審査結果

1.特定された委託先候補事務所
 
株式会社 日本設計 関西支社・株式会社 山本設計 設計共同体(JV)

○総評
 本プロポーザルでは、本庁舎1号館・新2号館・新中央区総合庁舎との結節点となる新エネルギーセンター棟において、各棟の高低差やセキュリティの観点を踏まえ、利用者にとって分かりやすく、かつデザイン性の高い動線の考え方が求められた。また、工期短縮について具体的かつ妥当な検討・提案を積極的に行っているかが評価のポイントとなった。

 特定された委託先候補事務所は、周辺施設の高低差を考慮した動線の考え方について、まちの回遊性と賑わいがより期待でき、かつ新中央区総合庁舎の市民利用を意識した積極的な提案を行った点が評価された。
 また工期短縮の手法について、設備の更新計画など本件の課題をよく理解しつつ、各段階ごとに分けて短縮化を図ると共に、構造も含めた一定の妥当性がみられる提案が具体的になされていた点が評価された。
 さらに、課題への理解度の高さや熱意が感じられ、ヒアリングにおける質疑への応対も明快であった。

2.募集・選定結果

 参加表明書提出者:2者
 ヒアリング対象事業者:2者 (五十音順)
  株式会社 日建設計 大阪オフィス
  株式会社 日本設計 関西支社・株式会社 山本設計 設計共同体(JV)

補足事項および質疑回答

本プロポーザルに係る説明会での補足事項および質疑回答について掲載いたします。
質疑は説明会での回答に加え、頂きました全ての質疑に対する回答を追加しております。

業務の概要

業務名称「(仮称)本庁舎エネルギーセンター棟建設他設計業務」
(業務内容の詳細は「神戸市簡易プロポーザル企画書」のとおり)

【施設概要】
予定敷地:神戸市中央区加納町町6丁目5−1
構造規模:鉄筋コンクリート造 地上8階地下1階建 程度
延べ面積:4,800m2 程度

【設計内容】
 ○エネルギーセンター棟建設基本設計・実施設計
 ○2号館、2号館別館、旧エネルギーセンター棟解体工事他実施設計
 ○個別設計(透視図、開発許可申請・計画通知・その他各種申請 等)

委託先候補事務所の特定方法

 委託先候補事務所の特定は、神戸市建築工事設計監理外注委員会(神戸市が行う建築工事等の設計監理業務等に関する事務の公正、的確な執行を確保するために設置された委員会。以下、委員会とする。)の審議によって行われます。

 事務局及び委員会は、「参加資格確認書」と「調査表及びヒアリング内容」の評価点の合計点により、委託先候補事務所の順位を決定し、委員会における審査を経て、委託先候補事務所を特定します。

 委託先候補事務所として特定された場合、提案時に提出した設計委託料の見積額をもとに契約締結に向けて交渉を行います。

募集及び設計事務所選定のスケジュール

・事業者説明会の申込期限          6月20日(木)17時
・公募型簡易プロポーザルに係る説明会 6月21日(金)14時
・質疑の提出期限                6月26日(水)12時
・質疑回答                     6月28日(金)(予定)
・参加表明書提出期限             7月 1日(月)17時必着
・参加資格確認書及び調査表の提出期限 7月12日(金)14時必着
・ヒアリング審査                 7月19日(金)午前

その他

 本公募は、設計案の選定ではなく、設計者の選定を目的に行うものです。委託先候補に決定した場合でも、調査表の提案内容が設計業務において必ずしも採用されるとは限りませんので、予めご了承ください。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。