現在位置

ホーム > くらし・手続き > 年金・保険 > 国民健康保険 > 介護保険料と国民健康保険料

更新日:2019年11月1日

介護保険料と国民健康保険料

ここから本文です。

介護保険料は、40歳以上64歳以下の方(第2号被保険者)と65歳以上の方(第1号被保険者)とでは、その決め方や納め方が次のように異なります。

40歳以上64歳以下の方(第2号被保険者)

介護保険料は、加入されている医療保険の「医療分」の保険料とあわせて納めていただきます。国保に加入されている方は、国民健康保険料に含めて納めていただきます。

65歳以上の方(第1号被保険者)

介護保険料は、介護サービスにかかる費用などによって市町村ごとに基準額が異なります。一人ひとりの保険料の額は、それぞれの所得等に応じて15段階に分かれています。40歳以上64歳以下の方とは異なり、国民健康保険料とは別に、次のような方法で納めていただきます。

納め方

  • 1.老齢・退職年金、障害・遺族年金を受給されていて、その金額が年額18万円以上で、4月1日時点で65歳以上の方は、その年金からの天引きにより納めていただきます。
  • 2.1、老齢・退職年金、障害・遺族年金が年額18万円未満の場合。2、4月2日以降に65歳になるか神戸市に引っ越してきた場合(2の場合、半年~1年間)は、納付書または口座振替により納めていただきます。

介護保険料の滞納にご注意ください

  • 1年以上滞納すると、介護サービスの費用をいったん全額自己負担していただく場合があります。
  • 今サービスを利用していない人でも2年以上滞納すると、サービスを利用する際、一定期間、通常は1割の自己負担が3割になります。

国保に加入されている方の「国民健康保険料」と「介護保険料」の納め方は、年齢によって次のようになります。

39歳以下の方は・・・

「国民健康保険料」の医療分と後期高齢者支援金分を納めていただきます。

40歳以上64歳以下の方(第2号被保険者)は・・・

「介護保険料」を「国民健康保険料」に含めて納めていただきます。

65歳以上の方(第1号被保険者)は・・・

「介護保険料」は「国民健康保険料」とは別に納めていただきます。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

保健福祉局高齢福祉部国保年金医療課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館4階