現在位置

ホーム > くらし・手続き > 年金・保険 > 国民健康保険 > 介護保険とは

更新日:2019年11月1日

介護保険とは

ここから本文です。

介護保険ひとくちメモ

介護保険とは・・・?

介護保険とは、介護を必要とする方を社会全体で支えあう制度で、各市町村が制度を運営する保険者となります。

40歳以上の方は、加入者(被保険者)となり、介護に要する費用の一部を日頃から保険料(※)として負担していただくことになります。

介護が必要となった場合には、区役所や認定事務センター(tel:232-4860)に申請をして要介護認定を受けた後、「えがおの窓口」(指定居宅介護支援事業者)の介護支援専門員(ケアマネジャー)に介護サービス計画(ケアプラン)を作成してもらうと、費用の一部(原則として1割)を負担することにより、介護サービスを受けることができます。

申請する際は、事前に「えがおの窓口」にご相談ください。

介護サービス利用の概要

加入者の区分

介護保険の加入者の方は、年齢によって次の2つに区分され、介護保険料の決め方や納め方が異なります。

  • 40歳以上64歳以下の方で、医療保険に加入されている方「第2号被保険者」
  • 65歳以上の方「第1号被保険者」
  • 外国人の方も、住民票に記載されている場合は被保険者となります。(一部例外があります)

また、介護保険の加入は法律により義務づけられているため、加入の届出は不要です。

  • 40歳の誕生日の前日に「第2号被保険者」の資格ができます。
  • 65歳の誕生日の前日に「第1号被保険者」の資格ができます。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

保健福祉局高齢福祉部国保年金医療課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館4階