現在位置

ホーム > ビジネス > 環境対策 > 事業系一般廃棄物(お店や会社から出るごみ) > 事業系 古紙(雑がみ)のリサイクル

更新日:2019年11月1日

事業系 古紙(雑がみ)のリサイクル

ここから本文です。

神戸市では、オフィスや店舗などの事業者から排出される一般廃棄物を削減するため、事業系可燃ごみの約10%を占める再生可能な古紙(雑がみ)の資源化に取り組んでいます。

雑がみとは

「雑がみ」とは、段ボール・飲料用紙パック以外の、様々なリサイクルできる紙のことです。ただし、表面をコーティング加工した紙、感熱紙、写真などはリサイクルできません。

リサイクルしたい時

雑がみの回収品目や費用等は、現在契約している一般廃棄物収集運搬許可業者または神戸市環境共栄事業協同組合(「共栄会」Tel:078-331-3470)、兵庫県製紙原料直納協同組合(神戸古紙リサイクルの会内Tel:078-265-6860)にご相談ください。

雑がみで出せるもの

雑がみで出せるものの例図。オフィスペーパー、雑誌、パンフレット、ポスター、新聞紙、はがき、名刺、封筒、お菓子の紙箱など

雑がみで出せないもの

雑がみで出せないものの例図。紙コップ、紙皿、トイレットペーパー、ペーパータオル、感熱紙、シール、付箋、カーボン紙、写真、紙パック

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

環境局事業系廃棄物対策部  

〒651-0086 神戸市中央区磯上通7-1-5 三宮プラザEAST 2階