現在位置

ホーム > ビジネス > 環境対策 > 事業系一般廃棄物(お店や会社から出るごみ) > 大規模事業所に係る減量等計画書

更新日:2019年11月1日

大規模事業所に係る減量等計画書

ここから本文です。

お知らせ

環境局は、令和元年6月3日より移転します。ご来庁の際はご注意ください。(PDF:268KB)

1.事業者の責務について

神戸市では、ごみの減量化と適正処理を進めるため、市、市民、事業者それぞれの責務を定め、事業者については、みずからの責任と負担において、事業活動に伴う廃棄物の減量・資源化及び適正処理を行い、市の関連施策に協力すること、また環境美化のため、事業所及びその周辺地域を協力して清潔に保つよう努めることを定めています。

  • 事業者の責務1 事業活動に伴う廃棄物は、自らの責任と負担で減量と再利用を行う
  • 事業者の責務2 廃棄物の適正処理について、市の施策に協力する
  • 事業者の責務3 事業所周辺の美化と、地域の清潔保持のために自主的な活動を行う

2.事業系ごみ及びその処理責任について

ごみは、大きくわけて、家庭系ごみと事業系ごみに分類されます。
事業系ごみとは、事業活動に伴って発生するごみで、さらに産業廃棄物と一般廃棄物に分類されます。

事業系廃棄物は、それを排出した事業者が責任を持って処理しなければなりません。

3.大規模事業所の所有者・建設者の責務

神戸市では、事業の用に供される部分の延床面積が3,000平方メートル以上の大規模建築物や店舗面積が1,000平方メートル以上の小売店舗など、廃棄物を多量に出す建築物を「指定建築物」と定め、その所有者や建設者に対し、以下の3つの義務規定を条例・規則で定めています。

(1)廃棄物管理責任者の選任

指定建築物の棟ごとに、その建築物から出る廃棄物の減量・資源化を進めていく中心的役割を担う、「廃棄物管理責任者」を一名選任し、市へ届けること。

(2)「事業系一般廃棄物に係る減量等計画書」の作成と提出

当該指定建築物の過去1年間における事業系一般廃棄物の発生量や、減量・資源化に関する実績、これからの1年間における発生量、減量・資源化に関する計画について、「減量等計画書」を作成し、毎年5月31日までに提出すること。
(注)提出の際はこの書式をご利用いただきますようお願いいたします。

(3)「保管場所等」の届出等

新たに、指定建築物を建設しようとする場合、その建築物に十分な大きさと設備を持つ、廃棄物と資源化物のための保管場所を設置し、その旨を届け出ること。すでに建築された指定建築物の所有者も、同様の保管場所を設置するように努めること。

4.廃棄物管理責任者の業務

廃棄物管理責任者の業務内容は以下のとおりです。

  • ア:当該指定建築物から生ずる廃棄物その他再利用の対象となるものの保管場所等の管理に関すること
  • イ:減量等計画の作成に関すること
  • ウ:当該指定建築物内の廃棄物の処理に関する記録の作成及び保存に関すること
  • エ:当該指定建築物の占有者及び利用者に対する廃棄物の再利用等による減量及び適正な処理に関する指導及び啓発に関すること
  • オ:当該指定建築物から生ずる廃棄物の再利用等による減量及び適正な処理の実施のための関係者との連絡及び調整に関すること
  • カ:ア~オに掲げるもののほか、当該指定建築物から生ずる廃棄物の再利用等による減量及び適正な処理に関すること

5.指定建築物とは・・・

(1)指定要件

事業の用に供される部分の延床面積が、3,000平方メートル以上の建築物、店舗面積が1,000平方メートル以上の小売店舗(大規模小売店舗立地法第2条第2項に規定する大規模小売店舗)を対象とします。「事業の用に供される部分」とは、居住用途に供される以外の部分です。

3,000平方メートル未満の建築物であっても、例えば、利用者が多いなどの理由で、多量の廃棄物が発生する場合、市長が特に指定の必要を認めれば、対象となります。

事業の用に供される部分の延床面積が3,000平方メートル未満であった建築物が、増改築が行われた後、延床面積が指定要件を満たすこととなった場合も「指定建築物」に該当します。

(2)単位の基準

原則として棟を単位としますが、工場、学校及び病院等、同一敷地内において共通の用途に供せられ、廃棄物の処理及び保管が一体として行われる複数の指定建築物は、手続的には、一棟の指定建築物として扱うことができます。

事業者のための減量・リサイクル大作戦

6.廃棄物管理責任者研修会

神戸市では、事業系一般廃棄物の減量・資源化等に関する理解を深めていただくことを目的として、指定建築物の廃棄物管理責任者を対象に研修会を開催しています。

平成30年度の研修会の内容及び配布資料は以下のとおりです。

  1. 日時:平成31年2月6日(水曜)13時30分~
  2. 場所:神戸文化ホール(中ホール)
  3. 研修会資料

一般廃棄物メニューページへもどる

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

環境局事業系廃棄物対策部  

〒651-0086 神戸市中央区磯上通7-1-5 三宮プラザEAST 2階